放射能他

   

【検体量】
 放射能:可食部40~150g
  ※検出限界値が1Bq/kg以下は可食部2L(2.5~3kgが目安)
 放射能+残留農薬:90~200g
※上記に記載のない項目はお問い合わせください
* 当センターの依頼件数の順位
** 納期は営業日。土日祝、年末年始の休業日はカウントされません。

順位* 検査項目 料金(税別) 納期**
放射能 1位 放射性ヨウ素及びセシウムNaI(TI)スペクトロメータ ¥7,000 2
2位 Ge半導体検出器 ¥12,000~ 3
4位 γ線スクリーニング検査NaI(TI)サーベイメータ ¥5,000 2
5位 放射能+残留農薬NaI(TI)スペクトロメータ+スクリーニング236項目 ¥43,000 5
6位 Ge半導体検出器+スクリーニング236項目 ¥47,000 5
異物 3位 異物検査 ¥20,000~ 10
7位 カビの同定 ¥30,000~ 10
9位 菌種の同定 ¥15,000~ 10
8位 グラム染色 ¥2,500 3

■青森県産品(農林水産物加工食品)の放射能検査

青森県による「農林水産物加工品放射性物質調査事業」に採択されました。

事業概要

農林水産物加工食品に対する消費者及び市場等からの信頼を確保するため、青森県内の製造者が生産する農林水産物加工食品において、青森県が放射能検査の経費を補助する。

事業の実施期間

平成30年4月26日~平成31年3月31日
※予算額を超過した場合は、期間内であっても終了となります。

補助金の対象

①青森県内の農林水産物加工食品製造業者
②加工品の原材料は、青森県産品の農林水産物を50%以上使用していること
③検査の結果、食品衛生法における放射性セシウムの基準値を超過した場合、県に報告すること、また県の措置等に従うこと

補助金の額

放射能検査料金の2分の1

検査内容

項目 検出限界値 必要量
(可食部)
納期
(営業日)
検査機器
放射性ヨウ素、放射性セシウムの測定 10Bq/kg以上
5Bq/kg
1Bq/kg
150g
2L *1
3日 ゲルマニウム半導体検出器

*1 目安として、2.5~3kg必要です。

■工業製品等の放射線量測定

経済産業省による「放射線量測定拠点整備事業」に採択されました。

事業概要

工業製品等の放射線量測定等を行う拠点となり、福島第一原子力発電所の事故による工業製品等の風評被害対策に対応するためにゲルマニウム半導体検出器を用いた核種分析を行います。

検査料金

15,000円

検査内容

項目 必要量
(可食部)
納期
(営業日)
検査機器
放射性ヨウ素、放射性セシウムの測定 2kg 3日 ゲルマニウム半導体検出器

検査対象

工業製品等(砂利やセメント等の原材料を含む)

検査の流れ